膝痛の原因

膝痛で一番多いものは、変形性膝関節症と言われる中高年になって発症する病気です。骨と骨の間の軟骨がすり減り、間が狭まり骨同士が擦れるようになり痛みが出ます。

他にも膝痛はO脚・X脚によるもの、体重の増加や肥満により膝に負担がかかるもの、太ももの筋肉の衰えにより膝の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなるもの、過度のスポーツや運動によって筋肉疲労が溜まったものなど様々です。

一般的には、膝の関節の変形や太ももの筋肉の状態の悪化が主な原因と考えますが、当院では、そもそも膝痛すべての原因の根本は骨盤にあると考えます。

骨盤の高さに左右差(高低差)が出ると、傾いた分だけ足の長さにも影響が出ます。

足の長い方は、歩行時の地面からの突き上げが増し負担が増えます。

足の短い方は、立位時の重心が足の短い方へ傾き体重による持続的な負荷が大きくなります。

結果両足に負担が増え、そこから太ももや膝関節への負荷が増えた事により膝痛となると考えます。

このような症状のある方

痛み

  • 膝の内側が痛い
  • 膝の外側が痛い
  • 膝のお皿の周りが痛い
  • 膝の裏が痛い
  • 安静にしていてもズキズキする

動作

  • 膝を曲げると痛い
  • 膝を伸ばすと痛い
  • 正座ができない
  • 階段の昇り降りがツライ
  • 歩くだけでも痛い
  • ねじると痛い
  • ジャンプの瞬間や着地時に痛い

その他

  • 膝に水が溜まっていると言われ腫れている
  • 膝に赤みを帯びて熱感がある
  • O脚・X脚

 

当院での膝痛の施術

一般的な膝の治療は、痛みのある箇所に塗り薬・湿布・ヒアルロン酸の注射・痛み止め・温熱刺激や電気治療などがあります。

また膝の装具をつくり、膝を支えて負荷を減らす事も考えられます。

また鍼灸施術は、患部への鍼・灸・電気鍼や、患部と合わせ太ももへのアプローチも行う事が多いです。

しかしそれだけでは膝痛の原因へ治療ができていたいため、一時的に痛みが引く事はありますがすぐに再発する事が多いです。

当院ではまず骨盤の左右差(高低差)の調整を仙骨にあるツボで行い、それから症状に合わせ患部・大腿部のへのツボを使い施術します。

膝の痛いところから離れたツボに鍼をしてアプローチができるので、急性期の時でも安心して施術が受けれます。

どんな施術を受けても改善しない、長年膝痛でお悩みの方、膝の手術を勧められてるがなんとか避けたいと考えてみえる方、お気軽に当院にご来院ください。

当院での膝痛の治療症例も掲載しています。→膝痛の治療症例はこちら

〒491-0845 愛知県一宮市下川田町3-27-50586-52-5654完全予約制です。