鍼灸が初めての方へ

初めての鍼灸院

初めての鍼灸施術を受けるには不安に思う事が多いですよね。

私も初めて鍼灸施術を受けに行った時の不安や、緊張した気持ちは今でもはっきり覚えてます。

堀田治療院では、鍼灸施術が初めての方に少しでも不安無く来て頂けるよう、このページを設けました。

当院の初来院の方の約6割が鍼灸施術未経験者です。あなたの最初の鍼灸施術として、また鍼灸施術経験者でも、以前に受けた鍼灸施術よりもよく効いたと言っていただけるよう、最良の施術を提供できるよう、日々努めています。

読み方、字の違いはあるの?

「鍼灸」または「針灸」と書く事もありますが、「はりきゅう」「しんきゅう」とどちらの読み方もします。

また字も「鍼」「針」と表記する事があります。流派によって使い分ける事もあるようですが、当院では流派等意識せず「鍼」で表記しています。

鍼灸に資格ってあるの?

日本国内で鍼灸を使っての施術ができるのは、医師と鍼灸師(しんきゅうし)だけです。正しくは、「はり師」と「きゅう師」の2つの資格ですが、合わせて鍼灸師と呼ぶ事が多いです。

「はり師」「きゅう師」は養成学校で最低でも3年の期間学び、単位を取得し国家試験に合格した者だけが取得できる免許です。

 

 

 

鍼灸施術はどのような症状に効くの?

当院では鍼灸の保険適用症状である、「神経痛・頚腕症候群・五十肩・腰痛症」や、他にも「首肩のこり・膝痛」などの症状を特に力を入れてます。

それ以外にも、ストレス・自律神経系の症状・婦人科疾患・胃腸障害などの疾患も治療し、鍼灸施術は幅広い症状への対応が可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。→適応症状

鍼は痛くないの? 灸は熱くないの?

鍼は体に刺すため、全くの無痛かと言うと嘘になりますが、無痛に近いくらい痛くない事が多いです。

また初めて鍼施術を受けられた方の感想で多いのは、「思っていたより痛くない」です。

明らかに痛みを感じたときの痛みでも、毛抜きで毛を抜いたとき程の痛みです。

灸はテレビCMでもおなじみのせんねん灸(株)のせんねん灸を主に使用しています。

もぐさが直接肌に触れずに、紙パルプの台座で温熱をコントロールしているので安全で程よい温熱です。

そもそも、鍼・灸とはどんなもの?

鍼・灸の種類はさまざまですが、当院にある鍼と比較の為、爪楊枝と医療用注射針、及び灸の画像を載せました。下記の鍼のうち当院でよく使用する鍼は、1寸3分-1番鍼、部位によっては2寸-4番鍼を使いわけます。医療用の注射針25Gは注射針の中ではかなり細い部類ですが、その注射針と比較しても鍼がかなり細い事がわかると思います。

鍼比較画像|愛知県一宮市の鍼灸院|堀田治療院

左から爪楊枝、医療用注射針25G(0.50×25mm)、1寸3分-1番(0.16×40mm)、2寸-4番(0.22×60mm)、2寸5分-5番(0.25×90mm)、3寸5分中国鍼

せんねん灸画像|愛知県一宮市の鍼灸院|堀田治療院

左からせんねん灸オフ ソフト灸、せんねん灸オフ レギュラー灸、せんねん灸強力温熱レギュラー

鍼が折れたり、抜けなくなることはあるの?

当院で使用する鍼は日本製で品質も高いですので、刺した鍼が折れて体に入ってしまったり、抜けなくなることは絶対にありません

20年近くこの仕事に携わっていますが、そのような場面に遭遇した事も無いですし、聞いたこともありません。ご安心ください。

 

 

鍼で感染することはあるの?

当院で使用する鍼は使い捨て(ディスポーザブル鍼)、または高圧滅菌器(オートクレーブ)で完全滅菌してあるものを使用します。施設も清潔に保っています。術者の手も頻繁に消毒しています。

もちろん、鍼の使い回しはしませんので、他の患者さんの病気が感染することは絶対にありません

 

鍼灸施術を受けるタイミングは?

初めて鍼灸施術を受けようと思ったとき、症状が強く出ているときに受けるのがよいか、症状が落ち着いているときに受けるのがよいか、迷うかもしれません。

結論としては、どちらの場合でも施術の効果は出ますので、「行ける」ときに行くのが一番です。

例えば、ぎっくり腰で痛みが激しく歩行も困難で、這ってしか動けないという事があります。もちろんその状態でも鍼灸施術は可能ですが、来院までが大変かと思いますので、少し安静にされ症状が落ち着いてからでもよいかと思います。

〒491-0845 愛知県一宮市下川田町3-27-50586-52-5654完全予約制です。