症例17:腰痛・臀部から下肢のしびれ

★この治療症例は、神経痛・しびれの症例6と同じものです。

患者

50代 女性 岐阜市在住

来院

2018年 6月

症状と来院理由

5月半ば頃から腰・臀部・下肢にかけて痛みがあったので整形外科へ受診し、X線・MRIの検査をしたら椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症が見つかった。リリカとロキソニンを処方されて、週1~2回整形外科のリハビリに通っていたが症状に変化が見られなかった。当院へ通院歴があり電話で予約を取り来院された。

腰痛・臀部から下肢のしびれの鍼灸施術症例画像

★解説イラストは裸モデルを使用していますが、実際は衣服は着用しています。

施術内容と経過

痛みの個所を正確に把握するため触診すると、左の腰・右の臀部から大腿にかけて圧痛及び痛みがあることがわかった。動きでは腰の後屈でやや痛みが出る。この中で一番気になる症状は、右の臀部から下肢の痛みとの事。

まず下腿のツボに2本鍼をすると、臀部の緊張がゆるみ圧痛が減る。次に膝裏のツボに鍼をすると、腰の後屈が楽になった。

ここでも一度触診をし、頭と首と背中のツボに鍼をし施術を終えた。

10日後に同様の鍼施術すると、ほぼ症状が無くなったので施術終了とした。

使用した主なツボ

足三里R 豊隆R 委中L 脳戸 上天柱R 風門R

施術期間及び施術回数

施術期間:10日、施術回数:2回

まとめ

この患者さんは主訴以外にも自律神経症状があり、メイラックス錠・ロフラゼプ錠等を服用していた。自律神経症状を調整する為には呼吸の整える事が必要と判断し、触診を丁寧に行い関係するツボを使えたことが早期の改善に繋がった。

症例16:立っていると痛みが出る腰痛と腹部の違和感

患者

60代 男性 稲沢市在住

来院

2018年 6月 

症状と来院理由

6月になってから、仕事で立っている時間が長くなると左の腰に痛みが出てくるようになる。酷い時には腰から下肢にかけて症状がある。お腹の調子もあまりよくないので内蔵から症状が出てきていると心配になり、以前奥さんが当院に通院していた為、奥さんからの紹介で来院された。

立っていると痛みが出る腰痛と腹部の違和感の鍼灸施術症例画像

★解説イラストは裸モデルを使用していますが、実際は衣服は着用しています。

施術内容と経過

立っていて腰が痛みだすのは2時間くらい経過してとの事なので、この場では再現ができなかった。痛む動作がないか確認すると、前屈・後屈で腰痛の症状がみられた。お腹も気になってみえる為腹部を触診すると、上腹部に違和感がある。

お腹の違和感の調整の為ふくらはぎのツボに鍼をして、数分後再び腹部を触診すると、押さえた際の違和感が激減。この時点で腰も軽くなったと患者さんは言ってみえるが、更に良い状態にするため、左の大腿裏のツボと膝のツボに鍼をすると、前屈・後屈の痛みが全く無くなったので施術を終了とした。その後痛みが再発したら連絡いただくようお伝えしたが、連絡はないため完治したと思われる。

使用した主なツボ

築賓L 殷門L 委中L

施術期間及び施術回数

施術期間:―、施術回数:1回

まとめ

現在の立ち仕事が16年続いているそうで、下肢の緊張から腰及び腹部の症状が出た症例。腰の痛みと下肢の緊張は密接な関係があり、また腹部の症状も下肢の緊張と密接な関係がある。今回の症例ように患部の腰や腹部に鍼や灸をするのではなく、原因点の下肢の緊張にアプローチできた事が、1度の施術で改善することが出来た。

症例15:畑作業後からある腰痛

患者

60代 男性 一宮市在住

来院

2018年 4月

症状

来院前日に畑仕事をやり、畑を耕す作業や物を持ち上げる事が多かった。その後から腰痛があるとの事。その話を当院に来院歴のある方が聞いて心配され紹介されて、電話で予約を取られて来院された。

畑作業後からある腰痛の鍼灸施術症例画像

施術内容と経過

痛みのある場所は、腰の下部で中央辺りが痛む。どのようにすると痛むか動作チェックをすると、腰の後屈は全くできないのと、前屈から腰を起こし伸びきる直前位から痛む。

痛みの動作から腰椎・胸椎を確認し、下腿のツボと手のツボに鍼をすると、腰の後屈動作に問題がなくなる。

ここでもう一度痛む動作があるか確認すると、腰をねじる動きでやや痛みがあったので、下腿のツボに鍼をすると痛みが消失し、痛む動作も全くなくなったので施術を終えた。

使用した主なツボ

玉天R 後谿L 光明L

まとめ

畑作業で、下肢の踏ん張る作業が多いことから起きた腰痛の症状。軽いぎっくり腰症状だったが、症状が出てから施術に至るまでが早かったのですぐに改善することができた。施術をせずにこのまま放っておくと悪化しそうな症状だったので、賢明な判断だったと思う。腰痛に限らず、早期の施術開始が改善への近道である。

症例14:暫くかがんでから立ち上がると痛む腰痛

患者

60代 女性 各務原市在住

来院

2018年 4月

症状

1ヶ月程前から、暫くかがんだ姿勢から立ち上がった際に左の腰から臀部周辺が痛むようになり、なかなか症状が治らない。少し前くらいからは左の膝が散歩に行くと違和感がある。当院の来院歴のある方が電話で予約を取り来院される。

暫くかがんでから立ち上がると痛む腰痛の鍼灸施術症例画像

★解説イラストは裸モデルを使用していますが、実際は衣服は着用しています。

施術内容と経過

痛む動作は、上記の他には特には無い。場所を細かく確認する為に触診をすると、左の仙腸関節辺りにやや圧痛がみられる。膝痛の反応のツボにも圧痛がみられた。

圧痛の箇所から背中のツボに鍼をすると、症状が6割ほど改善。手のツボと、膝の調整の為臀部のツボに鍼をすると腰の症状はほぼ消失。念のためもう一度確認し、1ヶ所気になるところがあったので手のツボに鍼をして、腰が緩んだのを確認し症状が完全に消失したので施術を終えた。

使用した主なツボ

T1(1.5)L 後谿L 膝根L 精霊L

まとめ

患者さんと話をしてる中で、数ヶ月前から長い時間車での移動する機会が増えたとの事だった。座位の姿勢で臀部を圧迫された事により起こった症状。1ヶ月我慢していた症状が一度の施術で改善でき、患者さんの喜んでみえる姿を見ることがこちらとしては何よりうれしい。

症例13:ぎっくり腰が治りきらない腰痛。

患者

30代 男性 一宮市在住

来院

2018年 4月

症状

来院の1週間前にぎっくり腰をして、数日は寝返りなど動作にかなり痛みを伴っていたが徐々に治まってきた。だが未だに痛みがかなり残っていて、痛い方の足を引き上げたり、腰を曲げる動作で左の腰から臀部辺りにかけて痛みが出る。運動不足の為、痛める数週間前からランニングを始めて左の膝裏の痛みもある。

当院のホームページをみて、インターネット予約から来院された。

ぎっくり腰が治りきらない腰痛の鍼灸施術症例画像

施術内容と経過

改めて痛みの出る動作を確認すると、立った状態で左足を引き上げる動作と、前屈動作で痛みが出て、足に電気が走りそうな感じがするとの事。患部を触診すると左の骨盤辺りと膝裏に少し圧痛がある。

腰の動きと、ランニングをされた影響から下肢に問題があると考え、左の大腿裏のツボに鍼をすると前屈痛が10→4くらいになる。筋緊張の箇所を改めて確認し、緊張箇所と引き上げ動作の症状から、足の甲のツボに鍼を刺したまま数分休んでいただくと筋緊張がなくなり、足の引き上げ動作の痛みが消失。前屈痛を更に改善させるため、下腿のツボに鍼をすると、前屈痛も消失した。

この時点でどの動作でも痛みは無くなったが、膝痛の調整の為、臀部のツボに鍼をして施術を終了とした。

使用した主なツボ

殷門L 中腰L 玉人L 膝根L

まとめ

下肢の緊張と腰の動きの関係はかなり深い関係があり、前屈・後屈・ねじり等、様々な動きと連動している。今回はランニングによって、下肢の緊張から起こった腰痛と、原因をしっかり見極めた事が早期の完治に繋がった。

症例12:原因がはっきりしないぎっくり腰。

患者

40代 女性 一宮市在住

来院 

2018年 2月

症状

数十分バスに乗っていて、降車して歩き出すと左の腰に違和感を覚える。その後徐々に痛みが強くなり、腰全体がズキズキ・シクシクしだして次第に動けなくなる。翌日が日曜日だったので、1日安静に過ごしていたが痛みは変わらなかった。

翌日になっても痛みに変化が無いので、急遽電話で予約を取り来院される。

原因がはっきりしないぎっくり腰の鍼灸施術症例画像

施術内容と経過

痛む場所は腰全部との事だが、細かく探るとやはり最初に違和感があった左腰下部から臀部にかけてが強かった。動きで痛みがあるか確認すると、前に倒す動作は問題ないが、腰が伸びきる直前くらいから後ろ反らしが痛くて出来ない。

やや炎症性の症状と動きから胸椎に問題があると考え、手のツボに鍼をし数分休んでいただくと、最初より腰が伸ばしやすくなるが、まだ反らす動きが怖いので下腿のツボに鍼をすると、反らす動きが怖くなく出来るようになる。

この時点で痛みの場所を確認すると、腰下部と骨盤の境目辺りの奥に痛みが残る。そこから臀部のツボと足の甲のツボに鍼をすると、来院時の痛みを10とすると2くらいまで減ったので施術を終了とした。

1週間後に来院され、やや残りの痛みがあったので同様の施術で改善し終了とした。

使用した主なツボ

後谿L 玉天L 大殿L 大腰L

まとめ

原因がはっきりしないぎっくり腰だったが、この患者さんは元々冬に弱く寒さから体が強張っていたことに加え、バスに乗っていた時の姿勢や、降車する際の段差で負担がかかった可能性がある。原因がはっきりしていた方が施術しやすいのは言うまでもないが、原因が分からなくても動きの問題から原因がある程度特定できる。

症例11:バケツを持った際におきたぎっくり腰

患者

30代 男性 大垣市在住

来院

2018年 1月

症状

来院日の前日に水がいっぱい入ったバケツを持ち上げた際に左の腰に痛みが走り、その直後から腰が痛く真っ直ぐに体が起こせなくなる。徐々に痛みが増してきて、歩くのも困難になり1日横になっていた。翌日も痛みが引かず、体をくの字に曲げたままでしか歩けない状態で、定期的に来院中の方が急遽「ぎっくり腰になった」と電話で予約を取り来院される。

バケツを持った際におきたぎっくり腰の鍼灸施術症例画像

施術内容と経過

まず患部を確認すると、かなり圧痛があり軽く触っただけでも痛みがあった。色々と動きに制限があり一番気になったのは、体をくの字にしたままでしか歩けない状態だったので、腰椎を確認し下腿のツボに鍼をすると、まだ腰はしっかり伸ばせないが、くの字の状態ではなくなる。

次に一番強い圧痛ポイントを緩めるために臀部のツボに鍼をし、圧痛が減ったのを確認。

ここで動きを再び確認すると、腰が伸びきらないのとねじり動作がしづらかったので、胸椎を確認し手と下腿のツボに鍼をすると、普通の姿勢で動けるようになった。

仕上げにバケツを持つ動作で痛めた事から肩甲骨を確認し、肩のツボに鍼をし施術を終えた。

12日後に来院された際に確認すると、前回後から数日でぎっくり腰の症状は治まったとの話が聞けた。

使用した主なツボ

玉陽L 大殿L 後谿L 光明L 肩稜L

まとめ

重いバケツを持ち上げた際に姿勢が悪かったために、肩甲骨・胸椎・腰椎・殿部に負荷がかかりおこったぎっくり腰の症状。更にその作業は雪が積もっていた外での作業だったそうで、寒さから体が固まり、余計に連動がスムーズにいかなかった為だと考えられる。

今シーズンの冬は例年にも増して寒いので、体調がよくない方が多い気がする。

〒491-0845 愛知県一宮市下川田町3丁目27‐50586-52-5654完全予約制です。