症例7:寝違いが治らず肩から腕まで痛みが出る

寝違いが治らず肩から腕まで痛みが出るの鍼灸施術症例画像

患者

40代 男性 春日井市在住

来院

2018年 9月

症状

2週間前に寝違えをした。いつもならそのまま数日で治っていくが今回はなかなか治らず、腕にまで痛みが出るようになってきた。リラクゼーションの仕事をしていて同僚に何度かマッサージをしてもらったが、その時は気持ちいいが症状は変わらなかった。このままだと悪化していくと考え、ネット検索で当院をみつけ電話で予約を取り来院された。

施術内容と経過

寝違えで特に痛みの出る動きは、顔を上に向ける動作で首の付け根から肩及び腕にまで痛みが出て動かすことが出来ない。腕は安静にしていてもだるみが強くズキズキする時もある。

動作で痛みの出る個所を触診して硬さを確認し、手のツボに2本鍼をしたまま数分休んでいただく。その後上を向く動作を確認すると、かなり上を向けるようになり痛みも減った。残りの症状を更に改善させるため、背中のツボに鍼をすると上を向いても首・肩・腕の痛みが全く出なくなったので、この日1度の施術で終了とした。

使用した主なツボ

列缺L 合谷L T5(4)L

まとめ

寝違いを状態をそのままにかばって生活をした為症状が悪化し、痛みが腕にまで広がってしまった。こういった場合は痛みの局所に鍼灸やマッサージをしてもその場はいいような気がするが、原因に対してアプローチが出来ていないのでなかなか改善しない。原因点に的確にアプローチが出来るとその場で動きが良くなり症状も改善する。