症例1:片方の肩に物をかけて作業して、翌朝から首が回らない

片方の肩に物をかけて作業して、翌朝から首が回らない症例画像

患者

60代 女性 一宮市在住

来院

2017年 6月

症状

普段から定期的に当院へ施術に通ってみえて、施術予約日の3日前に、畑仕事で農薬をまく為に左肩から物を下げて数時間作業をした。

翌日起床時から、顔を右後ろを向こうとすると左の首から肩上部が痛み首が動かせなくなり、施術の予約日の前に電話をして早く施術に行こうか迷ったが、あと2日で施術なので我慢するも痛みはほとんど変わらず動かせない状態。

施術内容と経過

作業の姿勢と痛みの動作から、胸椎の問題と考え手に1本鍼をして10分休んでいただいた。その後首の動きを確認したらかなり首が回るようになったが、まだ首の後ろの筋に痛みが残ったため、背中に鍼をして首を確認していただき、痛みが10→2~1になったので施術を終えた。

9日後に来院され、その後首から肩上部の痛みを確認したが翌日以降はほとんど痛みは無かったとのこと。

使用した主なツボ

六谿L 心兪L

まとめ

痛みが発症してからまだ日が浅かったので、一度の施術で劇的に効果があったと思われる。動きを整える鍼(整動鍼)にピタリとあてはまる症状だった。

これからも、取穴の制度を上げ精進したい。