症例5:ぎっくり腰の再発

腰痛の症例3|愛知県一宮市の鍼灸院|堀田治療院

患者

50代 男性 一宮市在住

来院

2017年 9月

症状

毎年1~2回ほどぎっくり腰になり、常に腰に違和感がある。1週間前立ち上がる際にぎっくり腰になった。暫く安静にしていて徐々に痛みが治まってきたが、今朝から再び痛みが強くなったため心配になり、過去に鍼施術で楽になったのを思い出しインターネットで検索し来院された。

施術内容と経過

仕事上運転をする機会が多いためか、車の乗り降りで痛みが強く、歩きがぎこちないとの事。また、座っていてもやや違和感がある。他に動きで痛みがでないか確認すると、前屈・中腰・座って腰を伸ばす動きで痛みがでた。痛みは左右差はないとの事だったが、触診をすると左側にやや強く反応が出ていた。

痛みのでる動きから、まず大腿部の裏と膝裏付近のツボにそれぞれ鍼を1本ずつし動きを確認すると、直ぐに前屈が楽になった。更に動きをよくする為に脛のツボに鍼を2本刺し動きを確認すると、どの動きも来院時よりかなり楽になったため施術を終えた。

痛みは10→1~2くらいになり、その後更に痛みは治まっていくと判断し、調子が悪ければまた施術に来てくださいと伝えたがその後来院はされていないので完治したと思われる。

使用した主なツボ

殷門L 玉人L 玖路L 豊隆L

まとめ

仕事で殆ど運転しているとの事だった為、常に大腿裏面に負荷がかかり、クラッチを左足で操作するので足の負担が多かったために今回のぎっくり腰が起きたと考えられる。ぎっくり腰というと腰しか原因がないように思われがちであるが、足や手の負荷からも起こる。患者さんの仕事内容も踏まえて施術できたことが、一度の鍼施術で改善したものだと考えられる症例。