症例20:荷物を持った時に起きたぎっくり腰

腰痛症・ぎっくり腰の治療症例21|愛知県一宮市の鍼灸院|堀田治療院

患者

30代 男性 一宮市在住

来院

2018年 8月 

症状と来院理由

昨日、仕事で荷物を持った時に腰全体に痛みが走った。その直後から腰が痛く前かがみが出来ない状態。インターネットで一宮市内の腰痛で検索をし当院のホームページを見られ電話で来院された。

施術内容と経過

仕事柄運転する機会が多く、荷物の積み下ろし作業もあり、元々腰は張る感じがあったそう。痛みに左右差は無く全体が前屈動作で痛む。

触診すると大腿部の緊張が強かったので、大腿裏のツボに左右1本づつ鍼をすると、前屈が楽になる。荷物を持つ動作で痛めたことから肩の緊張を探ると、硬い個所が見つかったのでそこも左右1本づつ鍼をすると、痛みが10→2ほどになった。ここでもう一度触診すると、臀部の緊張が残っていたため腰痛と関係が深いツボの為鍼をすると、痛みは全く無くなったので施術終了とした。

使用した主なツボ

殷門L・R 肩稜L・R 大臀R 外秩辺R

施術期間及び施術回数

施術期間:-、施術回数:1回

まとめ

運転する時間が多いと、大腿後面で体重を支える為そこから腰の緊張が生じ、また腰と肩甲骨の関係から荷物を持った際にぎっくり腰になってしまった症例。今回も症状が出てから早く施術が出来たので早期改善することが出来た。