症例17:腰の鈍痛から、物を持ち上げて痛みが強くなった腰痛

腰の鈍痛から、物を持ち上げて痛みが強くなった腰痛の鍼灸施術症例画像

患者

60代 男性 一宮市在住

来院

2018年 6月

症状と来院理由

以前から腰の鈍痛があり、来院時の昼頃、しゃがんだ状態から物を持ち上げた際に腰に痛みが走った。それから痛みが続いているため、当院への来院歴のある奥様の紹介で急遽来院された。

施術内容と経過

腰の症状は左右同じくらいとの事で触診をすると、全体に強い緊張が見られたが右側の方が緊張が強い。痛む動作があるかチェックすると、腰の伸びとかがむ動きにやや違和感がある。

臀部・仙骨・下腿のツボに鍼を刺したまま暫く休んでいただき触診すると、強い緊張がほぼ無くなる。腰の伸びやかがむ動きをしていただいても違和感はなくなっていたが、ほんの少しまだ重い感じが気になるそうで再び触診し、関係する肩のツボに鍼をすると、気になる症状はすべて無くなったので施術終了とした。

使用した主なツボ

委中R 大臀R 上髎R 肩稜R

施術期間及び施術回数

施術期間:―、施術回数:1回

まとめ

痛めた当日に施術できたのが早期改善に繋がったが、腰の全体の緊張を1つのツボで広い範囲で緩めた事も大きかった。