症例3:前転をしてからねじると背中が痛む

前転をしてからねじると背中が痛むの鍼灸施術症例画像

患者

30代 男性 あま市在住

来院

2018年 8月

症状と来院理由

来院の前日に子供と遊んでいて、前転をした際に、背中に痛みが走る。直後から体をねじる・丸める動作で背中が痛む。来院日の朝には更に痛みが増し固まっている感じでよくないと思い来院歴のある当院へ電話で予約をしていただき来院された。

施術内容と経過

改めて痛みの出る動作を確認すると、体を左右にねじる動作、背中を丸める動作で痛みが出る。胸椎を触診すると顕著な圧痛が見られたので、その個所を緩めるため足のツボに鍼をすると、ねじる動作がかなりできるようになる。次に手のツボに鍼をすると丸める動作は問題無くできるようになった。

この時点で痛みが10→4程になっていたので施術終了の予定だったが、会話の中で「昨日は息をするだけでも痛みがあったんですよ~。」と話されたことから季肋部を確認すると、左側に違和感がみられた。肩甲骨の内縁のツボに鍼をすると、ねじる動作が全く痛みがなく出来るようになったので、今回で施術終了とした。

使用した主なツボ

光明L 六谿L T6(4)L

施術期間及び施術回数

施術期間:―、施術回数:1回

まとめ

前転をした際に、胸椎に負荷がかかって起こった症例。症状が出てから早い段階で施術ができたことが早期改善につながったが、ふとした会話から更に症状が改善するための施術に繋がるヒントがみつかった。