症例1:反った時の背中の痛み

背中の痛みの治療症例1|愛知県一宮市の鍼灸院|堀田治療院

患者

30代 男性 あま市在住

来院

2018年 5月

症状と来院理由

昨年の10月頃から疲れが溜まると背中が張った感じがする。また、ふとした時に左の膝が痛むときがある。施術を受けることが好きで様々な施術を受けたことがあるが、今回は「整動鍼」を受けたいとの事で、当日に電話で予約を取り来院に至る。

施術内容と経過

問診で背中は2年程前に重い物を持ち上げてから違和感が出るようになったとの事。今でも重い物を持つと背中に痛みが出ることがある。動作チェックをすると背中は反る動きで痛みがあり、その時に顔を上に向ける動作で首の付け根も痛みが出ることが分かった。痛みの場所を確認する為に触診すると、胸椎付近に圧痛がみられた。膝は今日現在は屈伸動作や歩行や階段等、痛みは出ないが膝の皿のやや下が少し圧痛がある。

圧痛のあった胸椎を調整する為にすねのツボに鍼をすると、背中の圧痛が消失し反る動きでも痛みは出なくなる。次に手首のツボに鍼をすると、顔を上へ向いても首の付け根の痛みも消失した。膝の調整のため、臀部のツボを確認すると圧痛があったのでそのツボに鍼をして施術を終えた。

使用した主なツボ

玖路R 列缺L 膝根L

施術期間及び施術回数

施術期間:―、施術回数:1回

まとめ

2年程前の重い物を持ち上げた際に胸椎に歪みが生じ起こった背部痛。最初に症状が出てからかなり期間が空いていたのでどこまで症状に変化が出るか未知数であったが、1本の鍼で激的に変化を出せた事に、患者さんが驚いてみえたのが印象的であった。