症例6:腰痛・臀部から下肢のしびれ

腰痛症の治療症例17|愛知県一宮市の鍼灸院|堀田治療院

患者

50代 女性 岐阜市在住

来院

2018年 6月

症状と来院理由

5月半ば頃から腰・臀部・下肢にかけて痛みがあったので整形外科へ受診し、X線・MRIの検査をしたら椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症が見つかった。リリカとロキソニンを処方されて、週1~2回整形外科のリハビリに通っていたが症状に変化が見られなかった。当院へ通院歴があり電話で予約を取り来院された。

施術内容と経過

痛みの個所を正確にするため触診すると、左の腰・右の臀部から大腿にかけて圧痛及び痛みがあることがわかった。動きでは腰の後屈でやや痛みが出る。この中で一番気になる症状は、右の臀部から下肢の痛みとの事。

まず下腿のツボに2本鍼をすると、臀部の緊張がゆるみ圧痛が減る。次に膝裏のツボに鍼をすると、腰の後屈が楽になった。ここでも一度触診をし、頭と首と背中のツボに鍼をし施術を終えた。

以上の施術を10日後にすると、ほぼ症状が無くなったので施術終了とした。

使用した主なツボ

足三里R 豊隆R 委中L 脳戸 上天柱R 風門R

施術期間及び施術回数

施術期間:10日、施術回数:2回

まとめ

この患者さんは主訴以外にも自律神経症状があり、メイラックス錠・ロフラゼプ錠等を服用していた。自律神経症状を調整する為には呼吸の整える事が必要と判断し、触診を丁寧に行い関係するツボを使えたことが早期の改善に繋がった。