症例7:3か月前から肩が痛く動かしづらい

五十肩の症例7|一宮市の鍼灸院は堀田治療院

患者

50代 男性 清須市在住

来院

2018年 10月

症状と来院理由

3ヵ月前から右肩関節が痛く動かしずらい。近所の接骨院へ10回ほど通ったがその時だけ少しよいが、すぐ元通りになってしまう。奥さんが当院へ通院中で、奥さんの紹介で来院された。

施術内容と経過

問診でどのような時・動作で気になるか確認すると、起床時・ポケットに手を入れる動作で特に気になるとの事。動作を確認すると腕を外へ開く動きで痛みが強く、正常な左側と比べると半分ほどしか腕が上がらない。触診で体の硬さを確認と痛みの出る動作から、足首のツボに鍼をすると腕が上げやすくなる。更に腰のツボと背中のツボに鍼をすると、正常に近いくらいまで腕が上がるようになり、ポケットに手を入れる動作も楽になる。

同様の施術を週1回で合計4回でほぼ問題が無くなったので、施術終了とした。

使用した主なツボ

申脈R 腰眼R T3(1.5)R 

施術期間及び施術回数

施術期間:4週間、施術回数:4回

まとめ

接骨院では症状のある肩関節にのみ低周波やマッサージを受けていたそう。患部に刺激を与えると、一時的には楽になるが直ぐに戻ってしまう。この方は、比較的歩くことが多いそうで、足腰に原因点が多くみられた。原因を見極め適切にアプローチが出来ると、五十肩のような日数がかかる症状でも早期に改善する事は少なくない。

他の五十肩(肩関節の痛み)の症例はこちら