症例6:1か月ほど続く肩関節から腕の痛み

1か月ほど続く肩関節から腕の痛みの鍼灸施術症例画像

患者

40代 女性 一宮市在住

来院

2018年 7月

症状と来院理由

頚こり・肩こりがあるが、ここ1か月ほど左の肩関節から腕が痛む。来院の数日前にマッサージ施術を受けてその時は少し楽になったが、翌日からまた痛みが出るので以前に鍼灸院で施術を受けて楽になった経験があったのを思い出し、インターネットで当院を見つけ、ネット予約を使い来院された。

施術内容と経過

肩を挙げる、回す動作で痛みが出るとの事だったので詳しく調べると、屈曲が正常の70%・外転が60%程の可動域であった。

ポイントとなる個所を触診すると反応があったため、腰・足のツボに鍼をすると、屈曲は95%・外転は90%程にまで可動域が広がった。回す動作で気になる個所を確認し、背中のツボに鍼をし楽に腕が回せるようになった。

2週間後に来院。屈曲は問題なかったが、外転動作にやや違和感があった。しかし今日は肩こりの方が気になるとの事。左右の足のツボに鍼をすると、外転は100%となる。肩こりの箇所を確認し、手・肩・臀部・背中のツボに鍼をすると肩こりも楽になったので、施術終了とした。

使用した主なツボ

志室L 申脈L T2(1)L 玉陽R 精霊L 巨骨L 大臀L 膏肓L

※上記のツボは1度の施術で使用したわけではありません。  

施術期間及び施術回数

施術期間:2週間、施術回数:2回

まとめ

肩関節の症状は1か月ほど前からで、可動域制限もそれ程酷くなっていない状態で施術が開始できたので、早期に改善することが出来た。四十肩・五十肩は動作で関節の痛みの方に意識が行ってしまうが、可動域を改善するように施術すると痛みも早く引く。